D&E Dance & Environment

D&Eはコンテンポラリー・ダンスの技術や知識を修得する機会を提供し、 国内の若手ダンサー、振付家、批評家、他ジャンルのアーティストへとそれらの基盤を広げ普及していくことを目的に活動しています。

WORKSHOP

2018年01月11日

Jean-Paul Mehansio アフリカン&コンテンポラリーダンスWS

アフリカン&コンテンポラリーダンス・ワークショップ

Jean-Paul Mehansio  ジャン・ポール・メハンシオ 

“Ethno-contempo in the urban space”

 

▪ ご予約フォームはページ一番下に ▪

当クラスは定員に達しましたので、以後のご予約はキャンセル待ちとなります。キャンセル待ちご希望の方は通常の予約フォームよりご予約いただきましたら、キャンセル出次第ご予約受付ご案内いたします(2月21日)。

 

” Ethno-contempo dance”とはアフリカンダンスをベースにしたコンテンポラリーダンスのことであり、西アフリカの民族舞踊を使った自分を鼓舞するためのダンステクニックです。ダンサーはこのワークによって明確に定義された空間で身体を認識することになります。この手法はコートジボワール、セネガル、ブルキナファソ、マリ、ギニアにおけるDoumdoumba, Tématé, Bolo super, Boloye, Gbégbé (西アフリカ地域で結婚、葬儀、収穫祭などの折に開かれるダンスの場)に由来しています。

 まず、最初は様々なリズムでダンスの基本を学び、次にステップやエネルギー、動きの繰り返しを使って、音楽のサポートなしに独自のリズムを引き出していきます。このクラスではダンサーにとって未知の領域を体験し、表現の自由をもたらすことを目指しています。

 

日時:3月16日(金) 19:00-21:00 / 17日(土) 10:30-12:30 & 13:30-15:30

料金:通し8,500円 / 単発3,000円

対象:ダンス経験問わず

定員:15名

会場:アンスティチュ・フランセ関西ー京都(1F 稲畑ホール)

〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8

 

Tel. 075-761-2105

WEB http://www.institutfrancais.jp/kansai/

 

講師プロフィール:

Jean-Paul Mehansio ジャン・ポール・メハンシオ

(ダンサー・振付家 / コートジボワール)

INSAAC(アビジャン/コートジボワール)にてアフリカンダンスを学び、ブダペストにてOtto Demscakにコンテンポラリーダンスを、またセネガルのEcole des Sablesにおいては振付家オリビエ・デュボワ(仏/ルバー国立振付センター芸術監督)のカンパニーでメインダンサーとして活躍した。

アフリカで著名な振付家のSalia Sanou(ブルキナファソ)、Georges Monboye(コートジボワール)、Germaine Acogny(セネガル)やMerlin Nyakam(カメルーン)とともに作品を創作。また、彼は自身のプロジェクト”Gnean / Miroir”と”Mreya à 2″において、アフリカ人としての視点とチュニジア人のミュージシャンとの出会いから、アイデンティティと「境界を超えて」というテーマでアフリカにおける移民や難民の問題について取り組んでいる。ダンスと同等にヴィジュアルアートにも関心が高く、彼の最新作“Outrenoir”はPierre Soulages*1に捧げる、政治的、植民地後の声明を通じて彼の作品を個人的に解釈した作品である。National Dance Center of Pantin(パリ)を卒業後、コンテンポラリーダンスとAfropeps*2の指導を行っている。

*1:Pierre Soulage(ピエール・スラージュ / 1919年〜)フランスの画家、彫刻家、版画家。

*2:Afropepsは西アフリカの伝統的かつ都市的ダンスステップとスポーツを組み合わせたダンススタイル。

Photo : Manuel Braun


 

【ご予約フォーム】

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

住所

電話番号

ご参加回数(必須))

単発受講の方はご希望日を選択して下さい

今後の案内を希望

備考


 

主催:アンスティチュ・フランセ関西ー京都 

共催:Dance & Environment

 

 

 

 

<お問い合わせ>