D&E Dance & Environment

D&Eはコンテンポラリー・ダンスの技術や知識を修得する機会を提供し、 国内の若手ダンサー、振付家、批評家、他ジャンルのアーティストへとそれらの基盤を広げ普及していくことを目的に活動しています。

WORKSHOP

2016年02月22日

ヌノ・ピザロ ダンス・ワークショップ

Nuno Bizarro Dance Workshop

ヌノ・ピザロ ダンス・ワークショップ

 

〜ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス

『喰う』作品における“繰り返される15のステップ”より〜

 

 Mucem 2 Photo Mani MungaiPhoto : Mani Mungai

 

☆ ご予約フォームはページ一番下にあります ☆

 

始めは短時間のフェルデンクライスで五感の繊細さを増幅し、ダイナミックな即興へと誘っていきます。次に本作品において“繰り返される15のステップ”、すなわち選択すること、汗をかくこと、考えること、感じること、歌うこと、噛むこと・・・など、まさに“喰う”ダンス!!によって、変容すること、形作ること、またより大きな形へと展開する方法を学んでいきます。

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING公式プログラム ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』出演のヌノ・ピザロによるワークショップ。クラスは公演に関連した内容となりますので、是非、公演(3月26、27日 詳細:http://kyoto-ex.jp/2016/program/boris/ )をご覧の上ご参加ください。

 

【日時】3月28日(月)18:30-21:30 <3時間>

 

【会場】京都芸術センター(1F フリースペース)

<京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」または阪急京都線「烏丸駅」下車、22・24番出口より徒歩5分>

WEB  http://www.kac.or.jp

 

【料金】3,500円

 

【対象】年齢経験不問

 

【お問い合わせ】

Dance & Environment

MAIL info@hotsummerkyoto.com

TEL    070-6500-7242

 

【講師プロフィール】

ヌノ・ピザロ/Nuno Bizarro

リスボン(ポルトガル)出身、ダンサー。現在はフランスのレンヌを拠点に活動。コンテンポラリーやインプロヴィゼーションからダンスを学び始め、Carlos Caldas, Charles Atlas, Simone Forti, Howard Sonnenklar, スティーヴ・パクストン, Lance Gries, Dieter Heitkamp, Mark Tompkins, リサ・ネルソンら世界中の様々なアーティストから指導を受ける。2000年よりフランスに拠点を移し、ボリス・シャルマッツ、マチルド・モニエらの作品に参加。Anne Collod によるアンナ・ハルプリン振付作品” Parades & Changes, Replay “を再構築するプロジェクトに出演、同作がニューヨークのベッシー賞を受賞し、ヨーロッパ、アメリカでのツアーに参加。近年ダンサーとして出演した作品にはボリス・シャルマッツの”Levée des conflits”や”enfant”, “manger”やエマニュエル・ユインの”Cribles”や”Augures”、DD Dorvillierの”Danza Permanente”がある。指導者としてはEssais、CNDC/ Angersでの教育プログラムや、レンヌにあるEcole nationale supérieur du Theatre national de Bretagneにおいて指導にあたっている。フェルデンクライス・プラクティショナー有資格者。

 

主催:京都芸術センター、Dance & Environment

共催:KYOTO EXPERIMENT

 

【ご予約フォーム】

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 

<お問い合わせ>